iPad Pro 12.9インチ(2020)と合わせて買ったもの

iPad Pro 12.9インチを買った時に以下の物を揃えました。

カバー

仕事柄、角をぶつけたりして傷つけやすいと思ったので側面をしっかりカバーしてくれそうなものを選びました。

ESR iPad Pro 12.9 ケース 2020 オートスリープ/ウェイク [Apple Pencil 2 ワイヤレス充電対応] 軽量 留め具付き イッピー三つ折りスマートケース iPad Pro 12.9インチ 2020用ハード背面カバー(ブラック)

カメラカバー

ESR iPad Pro 11/iPad Pro 12.9 2020 カメラフィルム 9H強化ガラス 保護傷に強い HDクラリティ 3D全面保護カメラレンズフィルム- ブラック [2枚入り]

保護シート

当初は保護シートを使わないで使用していました。
シートを貼ってかき出したらこの感触を忘れることはできません。
エレコム iPad Pro 12.9 2020 保護フィルム ペーパーライク 反射防止 ケント紙タイプ TB-A20PLFLAPLL


調味料入れを替えてみた

今、家で使っている調味料入れは14年前から使用しているものでした。
コロナで自粛中のこの機会に調味料入れを替えてみることにしました。


塩は白


砂糖はグレーにしてみました。


キッチンを整理する為に、引き出しに入る物を選択

うまくなる人ならない人の違い

フットサルのスクールをやっていてうまくなる人とうまくならない人の差を感じます。

うまくならない人は、相手や味方が〜してくれないから、できないという言い訳ばかり。

たとえ、味方が思った通りに動いてくれなくても、自分の行動を変えようという考えにはいかないようです。

逆にうまくなる人は、味方を動かそうと声かけだったり、自分のプレーを替えて自分のプレーの幅を増やしていきます。

だから、僕は試合に負けたとしても誰かのせいにはせず、自分が他になにができたか考えて次に活かそうと伝えるようにしています。

強いボールを蹴るために

フットサルをはじめたら

まず最初にやりたいことは強いボールを蹴ることだと思います。

初級者スクールをやっていて

強いボールを蹴れない人の特徴としてよくあるのは

脚の力が上手くボールに伝わって無いということです。

脚の力を上手くボールに伝えるにはミートに集中すること。

正直、軸足の踏み込みの位置も、大きく踏み込むことも後で大丈夫です。

足の力がうまくボールに伝われば、そんなに力む必要もありません。

では、実際にミートをどうやってうまくしていけば良いのかを紹介していきたいと思います。

当てる場所は足の固いところ。

そして、ボールの中心と進行方向を結んだ線上に、足の固いところを当てる。

例えば、その角度がちょっとでもずれてしまうとボールの威力は半減してしまいます。